2011年05月05日

図書館戦争

今日は一日読書。
文庫化で話題の
『図書館戦争』
『図書館内乱』
の二冊を一気読みしました。
ずっと読みたいな〜と思っていた本でした。

こういう本は気楽で良いです。
私はオフの日にまで心を使いたくないので、
感動モノとか悲劇モノとかは嫌なのです。
ノンフィクションの戦争映画は絶対に絶対に観ません。

さて、この二冊は楽しく読めたのですが、
付録の対談がちょっと…。
本作品、作者を相当に褒めちぎっていてムズ痒い。
なんだかイラッとしました。

私が他人に目の前で
こんなにもベタベタに褒められたら、
恥ずかしくて逃げ出すに違いないです。
勘弁して下さい。

でも、
作品自体はマンガを小説にしたみたいで好きです。
全部で6冊あるらしいので、
文庫化されるのが楽しみです。
たぶん全部買うだろうなーって思います。

大変有意義な一日でしたー。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 21:14| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。