2011年03月25日

世界は美しい

父が白内障の手術を受けました。

「俺の絵は、こんなに鮮やかで美しかったのか!」
と興奮して話していました。

今日は安静にしていなきゃいけないのに、
喜び勇み、チャリを飛ばし、駅前で買い物をしていました。

浮かれ過ぎです。
家に帰ったら、腰が痛いと足を引きずっていました。
おいおい…

でも、
父が喜んでいるのは良いこと。
更に良い絵を描いてくれるといいですね。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 21:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの妻は20代後半で白内障の手術受けました。
ふつう若い人は白内障にならないけどね…
Posted by じゅん at 2011年03月26日 17:48
20代でも白内障になるんですね!
父のことを笑っていられないっ!
Posted by 鉄人あまとう壱号 at 2011年03月27日 05:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。