2011年02月27日

いやらしい雛人形

お雛さまを版画にします。
そのモデルの雛人形が、なんともイヤラシーのです。

一見は普通の土人形の立ち雛。
最初は特に何も感じなかったのですが、デッサンをして、よくよく見ると…

女の首の傾げ方や視線、
女が男に寄りかかる体の曲線、
男の手の回し具合…

うーん…臨場感溢れる…
土人形のくせに妙に生々しいのです。

雛人形と言えば、桃の花や婚礼家具など華やかなイメージですが、
この立ち雛は、夜の川のたもとが似合います。
密会というか…曽根崎心中…?

この人形を作った人は、どんなつもりで製作したのでしょうか…?
posted by 鉄人あまとう壱号 at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。