2010年07月19日

爪を切っていて…

爪を切っていて、疑問が湧きました。

縄文時代の人達は、
どうやって爪や髪を切っていたのだろうか?

この時代は、鉄器なんかあるわけなく、
黒曜石を削ったりして、ナイフにしていたはず。

黒曜石は、かなり鋭利で、お肉も切れるそうだから、
髪も切れそうですね。

でも、爪は上手く切れたのから?
失敗して、指まで切ってしまいそう…


土偶とかを見ていると、
変な髪形していますよね。
髪が長くないとできなそう。

でも、土偶はきっとハレの衣服なんだと思うのです。
普段は適当に束ねていたのかな?


ハレ…といえば、
浮世絵の美人画ってありますよね。

あの服装を見ていると、
着物をダラリと着ています。
特に襟元なんかダラ〜ン。帯もデローン。

でも、
時代劇を見ていると、
みんなキチット、ピシッと着ています。

どっちが本当なんでしょうか?

今は、着物を着ることは、ハレの時。
だから、ピシッと着るのだと思います。

でも、昔は普段着。
本当にピシッと着たのでしょうか?
窮屈で、苦しくて、ろくに作業なんか出来ないですよね??

気になる〜
posted by 鉄人あまとう壱号 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。