2010年07月18日

Book Time vol.9

昨日は、ブックタイムに行ってきました。

ブックタイムとは、自分が読んだ本を紹介し合い、
互いに刺激を受けあうという会です。

最近は、ブックタイム自体も楽しみなのですが、
渡部さん(主催者)が淹れてくれるコーヒーも楽しみで仕方がありません。
丁寧にドリップで淹れてくれるので、とても美味しいです。
今回は、トアルコ・トラジャでした。
ん〜美味!


今回は少人数の参加者で、
和気藹々として、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そして、とてもとても感動する絵本と出会いました!
涙を堪えました。

渡部さんが紹介した絵本
『あな』 谷川俊太郎

あ な(こどものとも絵本)


ある男の子が、穴を掘ります。

一生懸命に血豆が出来るほどに、掘ります
そして、周りから色々な言葉を掛けられながらも、掘ります。

ふと、青虫が出てきて、男の子はハッとします。
穴の中に座り、土の匂いを嗅ぎ、自分の掘ってきた穴を眺めます。
穴に座り続けます。

そして、勢いをつけて穴から飛び出します。
穴を埋めます。


これは、私の今までの道なんだと思いました。

学生の頃から、頑張って、
社会人になってからは、もっと頑張った。
脇目も振らずに。
周りから仕事について、色々言われたけど、頑張った。
胃痛、頭痛、吐き気、眩暈、慢性疲労…
痛みがあったけど、頑張った。

そして、パキリと折れた。
働けなくなった。停止した。

停止してから一年がたち、
ようやく自分がしてきた仕事を冷静に見るようになった。
今は、今までの自分の道を振り返る時。
じっと穴の中に座って、何かを感じる時。
色んなことを感じられる時。

これから、どうするのかは、まだ分からない。
穴を更に掘るのか、
穴を埋めるのか、
また別の穴を掘り始めるのか…


この絵本は、私の大切な一冊になりました。

今、色んなことを感じ、体験し、振り返ろうと思います。



ちなみに、私が紹介した本は、
『20代にしておきたい17のこと』 本田健
『偏愛マップ―キラいな人がいなくなる コミュニケーション・メソッド』
 斉藤孝

実際に偏愛マップを作成して、持って行ったのですが、
思った以上の反響でした。
img030(1).jpg

「面白い、面白い…」と言ってもらい、
肝心の本以上に注目してもらえました。


というわけで、
今回のブックタイムは、
私にとって非常に濃厚な時間を過ごすことができました。

もっと多くの方々に、参加してもらいたいと思います。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 08:23| Comment(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。