2010年07月12日

気が滅入るときは猫を見るべし

昨日は、
立ち眩みでブッ倒れて、
夜は雨音に引きつられ、
ズドーンと落ち込んでしまったのでした。

どす黒い気持ちで、
布団に横たわっていたら、
マイケルが来て、添い寝をしてくれました。

猫も、人の感情が分かるのから?

というわけで、癒しの猫写真〜!

まずは、
マイケル in 紙袋(ゴミ入れにしれいた…)

P1000534(1).JPG


袋の中のゴミを引っかきだした〜
止めてくれ〜と思いつつも、可愛さにニヤニヤ。


そして、
まねきねこ!

P1000538(1).JPG


母の仕事鞄を枕にゴロン。
手は、何を招いているのか?
某保険会社のCMを思い出す…
奇妙な格好に、ニヤニヤ…。


猫は癒しです。
マイケルの前では、
真っ暗な心のままでいられるので楽です。

そういえば…
香山リカさんの本で、
『犬・猫にしか心を開けない人』
というタイトルの本があったような?なかったような?

なんだか、ギクッとくるタイトルだなぁ…
posted by 鉄人あまとう壱号 at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。