2010年06月29日

みずいろの雨

先日、八神純子さんの『みずいろの雨』が
ラジオで流れていました。
梅雨と言うことで、雨の歌特集でした。


私が『みずいろの雨』に出会ったのは中学校の時でした。
透き通った迫力のある歌声に惹かれて、
歌を覚えました。

その頃を振り返ると、
歌詞の意味は理解できていなかった…と思います。


久しぶりにラジオで歌を聞いて、
「あぁ。こういう意味だったのかぁ」
とストンとお腹に落ちていきました。

『見ない振りしていたの 私の過ち』
『忘れてよ忘れてよ 愛したことなど』
の歌詞などは、今なら理解できます。
本当に忘れて欲しい…(苦笑)

何かを理解できるようになったということは、
人間として進歩したということかしら?
posted by 鉄人あまとう壱号 at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。