2010年05月31日

角館with母

今日は、母と角館に行ってきました。
(やや強引に連れ出された?)

おにぎりを持って、10時半くらいに家を出発し、
古城山にて昼食を摂りました。

角館は、母が小学4年生から6年生まで過ごしており、
「この街は私のテリトリー♪」
と言っていました。
古城山も、よく遊びに来ていたみたいで、
張り切って登っていました。
母は、あまりにも元気に登るものだから、
私は、どんどん置いていかれ…
体力の無い私は、心臓バクバク、ゼェゼェしながら登りました。
(なんと情けない…)

少ない体力を削って登った甲斐があり、
景色はとても清々しいものでした。
P1000445(1).JPG

ここで食べるご飯も最高に美味しく感じました。

さて、
ご飯の後は、街中へ。
母の思い出散策となりました。
元小学校の跡地へ行き、母は校歌を熱唱。
「こだま」という像↓は、母が卒業するときに建てたものみたいです。
P1000448(1).JPG

昭和40年卒業生一同と書いてありました。
この中には、タイムカプセルが埋めてあるようです。
いつ開けるのかは、母も知らないようです。(おいおい…)

そして、武家屋敷をブラブラ。
実は、ちゃんと回るのは初めてです。

よく写真で見る枝垂桜は、もうすっかり青々としています。
P1000449(1).JPG

いつか桜の頃に回ってみたいですが、
人が多すぎて、行く気がしないのですよね…


オオッと〜!重大事実発見です!(私にとっては)
P1000451(1).JPG

武家屋敷には、「縁起が悪いので椿は植えない」と
父から聞いていました。
ところが、発見してしまいましたよ、椿を。
花は咲いていないが、間違いなく椿の葉。
このテカリ、この厚み…
いや、もしかしたら椿に似ている木なのかも??
今晩、父に聞いてみようと思います。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 18:10| Comment(0) | お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。