2010年05月28日

マーリー

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』
著 ジョン・グローガン
訳 古草秀子

映画にもなった本を読んでみました。

マーリーは本当におバカな犬で、
私の犬に対するイメージとは異なる存在です。
読んでいるこちらまで
「OH! MY GOD!!」
と叫びたくなる場面が多数ありました。

ただ、
マーリーのように生きることができたら、どんなに良いのか…
とも思いました。

毎日を純粋に素直に楽しく生きること。
ブランド品なんか要らない。棒きれがあれば十分満足。

私は悩みで一杯です。


マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと

posted by 鉄人あまとう壱号 at 18:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。