2010年04月30日

かもめ食堂

妄想族の友人から『かもめ食堂』を借りました。
昨日一日で一気に読みました。

こんな幸せの形もあるのね。
キャリアウーマンでもなく結婚でもなく。

自分の本当にやりたいことは何かしら?

6月頭までに完全に完治した・という診断書が無いと、
仕事に復帰できず、退社となる私。
仕事が生き甲斐で、仕事中心の生活を送った私。

私から仕事を取り、「無職」になったら、
一体何が残るのだろう。


かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

posted by 鉄人あまとう壱号 at 13:09| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
焦ると思う〜。うん。

もちろん、マイナスもあるよね。うん。

でも、もし仮に仕事をとっても、
あまとうちゃんはあまとうちゃんだし、

前までの生活をずーっとして生きていった時には
絶対に気付かなかったことや
思わなかったこと、感じなかったことが
逆に得られると思います。

かもめ食堂、映画になっていたよね?
気になっていたので、私も観てみようかな☆^^
(本じゃないんかいw)
Posted by pico at 2010年05月03日 13:32

一応補足〜!

今の今は、目の前のことの方が大きいから、
なかなかそう思えないかもしれないけど、
あとでも、思い出してくれたら嬉しいです。

前に日記に書いてあった香山リカさんの本は、
私は読んでいないんだけど、
専門家じゃない人や、真に理解していない人でも、
本って自分の論で出せちゃうわけだから、
もし得るものがなかったとしたら、
あの本の内容は忘れちゃっていいと思います!!

世の中、いろんな考えの人がいるから、
悪影響のものはできるだけスルーがgood!
Posted by pico at 2010年05月03日 13:36
優しいコメントありがとうございます。

「仕事を取っても、あなたが残ります」
と他の人にも言われました…
今は、なかなか全体を見ることが出来なく、
どうしても目の前のことばかり気にしてしまいます。

そうですね!香山さんの本はスルーで!
思い出すたびにダークネスになるので、
なるべく思い出さないようにします。
Posted by 鉄人あまとう壱号 at 2010年05月04日 06:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。