2010年04月24日

美術モデル

昨日、コスチュームデッサンのモデルをしました。
モデルというの初めての体験でしたので、
緊張しました。

ただ、描いてくれる人は知り合いの方々なので、
ちょっとは安心。
それに、初めて・ということを考慮してくれて、
簡単なポーズにしてくれました。

簡単なポーズ…といっても、やはり疲れるものですね。
体がパキパキです。

皆さんの絵が完成して、思ったのですが、
自分が絵になるというのは、良い気分です。
↓は父の作品です。
実は、父が私をまともに描くのは初めてのこと。
気恥ずかしいけど、嬉しい!
P1000315(1).JPG


絵は、写真に撮られるのとは全く違った気分ですね。
写真は1秒で完成だけど、絵は何十分もかけて完成。
描いている方の命が吹き込まれている気がします。
描いている方の絵の歴史に、
私が刻まれた・みたいなカンジでしょうか?

とにかく、
昨日はとても貴重な体験が出来ました。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。