2010年03月16日

ツレがウツになりまして

今更ですが、
ベストセラー作品『ツレウツ』と『その後ツレウツ』を読みました。

重たい内容の割りに、軽いギャグ調…
ちょっとだけ心が軽くなりました。

さて、私のウツはいつ治るのでしょうか?
そう考えると不安で不安で仕方なくなりました。

仙台に行ったときに部長面談をしましたが、
6月末までに完治証明をもらえなければ、退社とのことです。

6月までに治るのだろうか?
無職の怖さ。
復帰できても、すぐにバリバリ働けるのだろうか?
秋田に仕事はあるのだろうか?

不安で不安で、心が台風です。

そんなときに、姉御から電話。
どうやら、私の発言で傷付いてしまったようです。
しばらく会わないと言われてしまいました。
ごめんなさい。そんなつもりはないんだよ。

心は嵐です。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)


その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

posted by 鉄人あまとう壱号 at 18:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。