2010年02月19日

バカな女は20分で飽きる

『バカな女は20分で飽きる』著・ピーコ
を読みました。

薄い本で、字が大きいので
サラサラと読めると思ったのですが…

同じ文章を何度も反芻して読んだので、
時間がかかりました。
ピーコさんの深い人生を
じっくりと味わいたい・と思った為です。


様々な章がありますが、
全体に貫かれているなぁと感じたことは…

自分が相手へ
「して欲しい」、「してもらいたい」
という欲を捨てて、
相手へ「してあげたい」の気持ちを持つ。
そうすると、とても心が軽くなる。
恋人しかり、友人、家族…

このことには、とても共感できました。
そして、
復帰した後には、いつも心に留めておきたい!
と思いました。


あと、
血と汗と涙を流さなきゃ、かっこよくはなれないの

一番ピンッっとくる言葉でした。
泥臭い努力が一番大事…と思っている私にピッタリ。

何度も読み返したくなる一冊です。
本棚には永久保存版です。

バカな女は20分で飽きる (中経の文庫)

posted by 鉄人あまとう壱号 at 18:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。