2010年01月21日

ちなみに

父と試写会に行ったのですが、
父と映画は、生まれて始めてのことですたらーっ(汗)

父が最後に映画館に行ったのは、
黒澤明の『蜘蛛の巣城』(もちろん白黒…)だそうですあせあせ(飛び散る汗)

私は、中学校のときに黒澤映画にはまり、
『蜘蛛の巣城』も観ました。

うっすらとしか記憶がないのですが…
妻が発狂した場面と、
矢がバシバシと体を貫く最後の場面が印象的でした。

マクベスは知らないが、蜘蛛の巣城は知っている…
変な女です、私は。

蜘蛛巣城<普及版> [DVD]

posted by 鉄人あまとう壱号 at 05:56| 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。