2011年03月08日

病院の日

今日は病院の日でした。

毎朝、体が重くて眠いということと、
一日フル活動したり、緊張したりすると、
次の日は寝込んでしまうということを話しました。

そうしたら、先生から、
イベントのある日以外は家で休むこと!
と指示がありました。
体力が、どの水準まであるのか見極めたいとのことです。

家にずっといるのは耐えられなーい!(/--)/
やだー!

でも、非常に疲れやすいのは確かで、
今日も疲れがあり、体が重いです。

今まで、誰にも理解してもらえたことがないのですが、
「脳味噌が溶けるような疲れ」
が時々あります。
普通の疲労感とは違っていて、何とも表現し難いのですが…。
体の疲れに加えて、脳全体がドロリとしたダルさを感じます。
とにかく、「脳味噌が溶けるような疲れ」なのです。
この異質な疲れは、社会人二年目から感じるようになりました。
酷い時は、このまま脳疾患で死ぬんじゃね?と思いました。

先生曰く
普通の人の疲れとは量でなく質で違うのではないか。
とのことでした。

うむむ…?
疲れに質とかあるの?

とりあえず、
明日から軟禁生活です。
ヒマ耐性遺伝子、降臨せよ!
posted by 鉄人あまとう壱号 at 17:35| Comment(0) | 病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。