2010年07月08日

鬱の力

『鬱の力』五木寛之×香山リカ
を読みました。

ブックオフで売っていたのを、
父が買ってきて、読みなさいと言われましたあせあせ(飛び散る汗)

大きい字で書かれており、読みやすく、
サクサクと読み終わりました。

五木さんと香山さんの対談を書籍にしたものです。

良いことは言っているんですが…
話が反れるというか、論点が定まらずという印象でした。
香山さんの言っていることも、
私にはシックリこない。

読後は、
なんだかバヤ〜っとしていて、
頭にあまり情報が残らない感じです。

ただ、
五木さんは、本当に教養の深い人だなぁと感じました。
知識があり、良く見ていて、よく考えている。
素敵な方です。

鬱の力 (幻冬舎新書)


posted by 鉄人あまとう壱号 at 06:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。