2010年02月14日

父と暮せば

川反で演劇を見てきました。

『父と暮せば』
劇団リタラリー・ギルド・シアター公演
作・井上ひさし
演出・前田有作
会場:ココラボラトリー(秋田市川反)

感動しました!
泣きました!涙が止まりません。
舞台の中に心が入り込んでしまって、
主人公を一生懸命励まそうとする自分がいました。

戦争って本当に悲惨だなって。
死んだ人もだけど、生き残った人の苦悩は壮絶。
あぁ、私の今の悩みなんか小さすぎる…と感じました。

チケット3000円は正直、
私の財政状況では辛かったけど、
見る価値はあった・と思いました。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 17:30| お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今と昔

今年のバレンタインは、父にしかあげていません。

なんたって、バレンタインの二日前に、
二股が発覚したんですから〜失恋
手作りのチョコ材料は一式、
部屋の隅に蹴飛ばしてあるのでするんるん

悲しいので昔話をします。

高校のころ片思いをしてました。
でも、その人には彼女さんがいました。
その彼女さんと私は友人です。
横恋慕をするつもりはありませんでした。

でも、せめてバレンタインのチョコだけは、あげたかった。

当日、朝一番に教室に入って、
彼のロッカーの中にチョコを入れました。

本当は手作りチョコをあげたかったけど、
気持ち悪がられて、捨てられたら嫌だから、
市販のものにしました。

これが、高校時代のエピソードです。

今、彼は何をしているのでしょうか…
posted by 鉄人あまとう壱号 at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Book Time vol.4

昨日、アルヴェ市民交流センターにて
渡部さんが主催する『BookTime』に参加してきました。
この会は、自分が読んだ本を紹介し、
互いに刺激を受けあう…という主旨です。

今回は、主催の渡部さん以外すべて女性でした!

気になった本として、
超バカデカイ絵本『とべ バッタ』

臆病に暮らしていたバッタが、勇気を出し日向ぼっこ。
外的が来たら、必死で打ち負かし、
自分には羽があることに気が付く。
フラフラと下手な飛び方で、蝶やトンボに笑われながらも、
必死に飛んでいく…

泥臭い努力が一番大事…
と思っている私にドキッときた本でした。


あと、『生まれてよかった』という本。

出産の場面を撮った写真集です。
お母さんの笑顔、お父さんの笑顔、兄弟の笑顔…
とても素敵でした。
私も絶対子供産みたい!

ずっと一緒にいたいと思う男性にフラれたばかりなのにね〜
涙が出てきましたよ。

男性に二股かけられ、マイナス1。
でも、とても気の合う姉御と出会えたから、プラス1。
±0でオールオッケー!
と自分を励ましています。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 08:56| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。