2010年01月21日

男前な料理

100121_1803.jpgざくぎりキャベツ、もやし、シイタケを炒め、
上にスクランブルエッグ、
最後にチリソースをかけました。

ザックバランに作った、
男前な野菜炒めの完成!

私の料理は、だいたいザックバランですが…
posted by 鉄人あまとう壱号 at 20:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちなみに

父と試写会に行ったのですが、
父と映画は、生まれて始めてのことですたらーっ(汗)

父が最後に映画館に行ったのは、
黒澤明の『蜘蛛の巣城』(もちろん白黒…)だそうですあせあせ(飛び散る汗)

私は、中学校のときに黒澤映画にはまり、
『蜘蛛の巣城』も観ました。

うっすらとしか記憶がないのですが…
妻が発狂した場面と、
矢がバシバシと体を貫く最後の場面が印象的でした。

マクベスは知らないが、蜘蛛の巣城は知っている…
変な女です、私は。

蜘蛛巣城<普及版> [DVD]

posted by 鉄人あまとう壱号 at 05:56| 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴールデンスランバー

試写会『ゴールデンスランバー』に行ってきました。

私は、伊坂幸太郎さんの大ファンですので、
試写会に当たったときは、大はしゃぎグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

ただ、会場に着いたのが遅かった所為で、
前から3列目というバットポジション…
首がイテェあせあせ(飛び散る汗)

肝心の中身ですが、
「ご都合主義」が原作よりも強いなぁ…って思いました。

原作読んだときも、ちょっとご都合主義だなと思いましたが、
映画は、本当にご都合主義!と感じてしまいました。
残念!!

オール仙台ロケということで、
見慣れた街が映画になることは嬉しいですね。

「あっ、ウチの会社のビルだ!」とか
「このロッテリア知ってる〜」なんて感じで、
とても楽しかったです。

映画で観ると、
仙台って裏道は結構汚いんだなぁ…
なんてことも新発見。

裏道もキレイにしようよ!仙台!!
市民税の使い道を是非検討願う。

ゴールデンスランバー

posted by 鉄人あまとう壱号 at 05:43| 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。