2009年08月17日

西馬音内

090816_2019.jpg西馬音内の盆踊りに行って来ました。
秋田市から車で2時間弱。
意外と近いんだな、と思いました。


写真は、見ての通り
全く上手く撮れませんでした。
暗い、ブレる…


盆踊りは女性だけだと思っていましたが、
男性も踊るんですね。
女性の踊る写真ばかりが、出回っているので、
勝手に思い込んでいました。
百聞は一見に如かず・とは本当ですね。

女性の踊りは、やはり色っぽいというか、美しいですね。
手のしなやかさが素敵でした。

また、男性の踊りも格好良かったですよ。
男性の写真も出回るべきですよ。


私も踊ってみたくなりました。
仙台でもグループがあるらしいので、探してみようと思います。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 18:56| お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

終戦記念日

今日は終戦記念日ですね。

私の父は、テレビに向かって、
「終戦記念日という言葉は嫌いなんだ。
 日本は負けたんだから、敗戦記念日なんだ。
 何で終戦なんて言うんだ。」
などと言っております。

いや…テレビに向かって言ってもね。

確かに、『終』という言葉は、
「終えた」、「全うした」、「物事が大成した」
というプラスのニュアンスがあるように感じます。


『敗戦』という言葉を使わなかったのは、
「日本は負けたんじゃねぇぞ。
 戦争を終わらせてやったんだから。」
という日本人の最後のプライドだったのでしょうか?
posted by 鉄人あまとう壱号 at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

夜は短し歩けよ乙女

『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 を読みました。

なかなか個性的な文章でした。
ぬらぬら?グネグネ?した文です。

乙女に一目ぼれした先輩が、可愛かったです。
というわけで、
「一目惚れ」について少し語りたいと思います。

私自身について話しますと、
「一目惚れ」をすることはあっても、されることはない
と思います。

『人は見た目が9割』という本が、
一時期流行ましたね。
もし本の題名通りであるならば、
私は「一目惚れ」に値しないはずです。

仕事柄、外見を疎かにすることはありません。
しかしながら、ファッション、メーク…などに
実はあまり興味がないのです。
できるならば、スッピンでいたい…あせあせ(飛び散る汗)

というわけで、外見で人様を魅了するという大技はできません。

その代わり?になるのか分かりませんが、
私は「噛めば噛むほど味がでる」の魅力があると思います。
(自分で言うのも恥ずかしいことですが…)

いうなればクサヤ的魅力でしょうか。
私の奇人変人振りは、クサヤに値する!

第一印象は、うっ…とするが、
味わい深いものがある。

是非、私と語り合いましょう。
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

posted by 鉄人あまとう壱号 at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

インドア派?アウトドア派?

私は、自身のことを
『アウトドア的インドア派』
と表します。

どういうことかというと、
たまには遠くの本屋さんへ出かけてみる。
とある漫画を求めるために、遠くの古本屋へ行く。
ケーキ屋さんのハシゴをしに行く。
絵を描きに遠くへ行く。
ボーっとするために遠くへ行く。

などなど…
インドアのことをするためにアウトドアする、ということ。
そのようなことが好きなのです。

変ですか?
posted by 鉄人あまとう壱号 at 11:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ミニトマト

ミニトマト.jpg父のアトリエの庭で採れました。

手前が普通のミニトマト。
奥は、ウズラの卵みたいな形のミニトマト。

どちらも美味です(*^^*)
posted by 鉄人あまとう壱号 at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

ねこぱんち

『ねこぱんち』という、愛読漫画雑誌がございます。
この漫画は、名前の通り猫漫画。
とてもとても癒されます。

今日は、この雑誌の発売日。

わくわくしながら、ファミマに買いに行ったら…
無い!(゜ロ゜;

頑張ってローソンまで行ったけど…
無い!



発売日間違えたかしら?
それはないはず。

田舎だから、出荷が間に合わない??
仙台では、発売日には置いてあるのですが…
posted by 鉄人あまとう壱号 at 21:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

無限ループ

『無限ループ』大村あつし を読みました。

平易な文章で、サラサラと読むことができました。
展開の早さもあってか、あっという間に読破。
とくにラストは、もう目が離せない。
良い意味で、期待を裏切ってくれました。

読後は、
人間の欲っていうものに、うんざり…バッド(下向き矢印)という心境です。

欲っていうものは、人間のプラスの財産でもありますが、
この本はマイナス要素が色濃いです。
マイナスの無限ループ…


個人的には、気持ちがブルーになりましたが、
ミステリーとしては、楽しめました。
無限ループ (講談社文庫)

posted by 鉄人あまとう壱号 at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

はす

由利本荘市西目町にある「倉田窯」の蓮庭園に行って来ました。

8日、9日と見学会があるとのことで、
朝7時に家を出発し、8時すぎに到着車(セダン)

とにかく様々な種類の蓮が沢山ありました。

アメリカ産のミセスなんとか…という名前の蓮がありました。
蓮にもアメリカ産があるのかぁ…
蓮というと中国、日本、そして仏教というイメージです。
どうしても、お釈迦様の台座が頭から離れません。


一回りした後、
父と一緒に蓮のスケッチ大会となりました。

久しぶりに絵を描きました。
無心になれます。
たまには良いですね。


絵を描いているうちに、なんだか暑くなってきました。
来たときは、さほど太陽は出ていなかったのですが、
段々とジリジリしてきました。晴れ

最後のスケッチでは、
汗がダラッダラに流れて、クラクラ

ここで、集中力がブツンどんっ(衝撃)

計4枚のスケッチとなりましたたらーっ(汗)
posted by 鉄人あまとう壱号 at 00:00| お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

竿灯 最終日

今日も行って来ました。

最終日だったので、景気が良いこと良いこと右斜め上
竿灯を破壊したいんじゃないの?と思うほど、豪快でした。

どのように豪快か、というと…

竿灯は竿を継ぎ足し、継ぎ足し、していき背を伸ばします。
どんどん、伸ばします。

すると、竿が重さに耐えられなくなっていき、
しなるわけです。
半月を描くようなしなり方で、上手くバランスをとり、
竿灯を上げます。

が、バランスが崩れ、竿が提灯の重さに耐えられないと、
『パキッどんっ(衝撃)』という爽快な音と共に竿が折れます。

この音がなんとも、スカッとするんです。
思わず、拍手!
よくぞ折ってくれた。

折れると、竿灯は倒れるわけで、提灯は破れたりします。
上手くすると提灯が、蝋燭により燃えるんです。
その燃えるのも楽しいんですよね。

やっぱり、竿灯は最終日が最高グッド(上向き矢印)
posted by 鉄人あまとう壱号 at 00:00| お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竿灯

竿灯に行ってきました。
4年振りです。
社会人になると、絶対見に行けなかったですから。

久しぶりの竿灯は随分派手になりました。
山車がキラキラぴかぴか(新しい)してますよ。
スポンサーが付いて、町内会もお金持ちになったのでしょうか?
不景気を思わせない豪華なものです。


やはり、竿灯は腰で上げるのが一番格好良いと思います。
どんなに、見た目の悪い男性でも、
竿灯を格好良く上げられちゃうと、惚れそうになります黒ハート

一本下駄で扇を仰ぎながら上げる姿といったら…
トキメいてしまいますハートたち(複数ハート)

明日は、妙技会の決勝戦があるようです。
行ってみようかしら。
posted by 鉄人あまとう壱号 at 00:00| お出掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

チルドレン

伊坂幸太郎『チルドレン』を読みました。

やっぱり伊坂さんの文章は大好きですハートたち(複数ハート)
上手く表現できませんが、しっくりとします。
読後の後味も良いですよね。

いつも思いますが、
伊坂さんの小説の登場人物って頭の回転が良いですよね。
普通の人って、こんな会話できないよ。
物知りだし、比喩もできるし。
頭良すぎ!
こんな会話してみたいです。


そして、今回も変人登場!
変人最高ぴかぴか(新しい)
私も周囲から変人と言われるので、変人が大好きです。


この変人が薦めていた本
芥川龍之介『侏儒の言葉』本
を買ってしまいました。

本屋で探すのが大変だった…
検索機がない書店だったので。

厚さ1センチ程の薄い本ですが、
言葉が半分古典なので、時間がかかりそうです。
高校時代の古典の記憶を活かして読もうと思います。
チルドレン (講談社文庫)


侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)

posted by 鉄人あまとう壱号 at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
大好きな本たち

重力ピエロ (新潮文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。